スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強引に研いでみた・・・

DSC_0230.jpg




※以降の記事は自分で調べた範囲ですので間違いがあるかもしれません(爆)


以前少し記事に書きましたがフックって数回使用するとポイントが甘くなりますよね??

フックポイントの甘さで貴重な一匹を逃した・・・

ってのはなるべく避けたい^^




フックの研磨について色々調べました





その前に研磨とは・・・

「研磨(けんま・研摩)とは、ある固体の表面をより硬度の高い固体の角や表面を用いて、断続的にこする事によって表面部分を微妙

に削られ、あるいは研き磨かれて平滑にしてゆく作業のこと。表面部分の仕上げのために行われることが多い。」
(Wikipediaより)




最近のフックは化学研磨のため「研磨できない(研磨出来難らい?)」との見解が多いみたいです

ではどうして研磨できないのか?





結果から言うと「引っ掛かりがない」です

化学研磨はフック自体を溶かして作ってますので研磨するきっかけとなる

「引っ掛かり」がないのです・・・・




では数回使用したフックポイントはどうだろうか?

岩に擦れたりすることによりフックポイントに微細な傷が付くのでは・・・





ということでタイトルの通り「強引に研いでみた」(笑)

結果以前よりかは良くなった

というのが正直な感想でしょうか^^;

さすがに爪に刺さるくらいまでは戻りませんでした・・・






これでフックシャープナーも報われます^^

このシャープナーを教えてくれた、のぉなぁさんありがとうございました<(_ _)>






以上しょうもない挑戦でした^^;





えっ!?



























フックを磨くより腕を磨けって???




ごもっともで(笑)






ではでは。。。
スポンサーサイト
プロフィール

ルークパンチャム


楽しい仲間達との釣行を綴ってます!
瀬戸内をメインにアジ・メバル・アオリ
を釣り歩く♪

所属:WADATSUMI

WADATSUMIブログ

メンバーでのバトル情報などが載ってますので是非覗いてみて下さい!

ランキングに参加してます!
WADATSUMIメンバー
リンク
ショップ・メーカー リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。